イチローの継続力と集中力は瞑想の効果のおかげ!誰でも簡単にできるマインドフルネス瞑想

瞑想してる有名人

 

2019年に引退を決めたイチロー選手。

 

数々の記録を打ち立てて、また記憶にも残るプレイもたくさん見せてくれました。

 

イチロー選手はストイックな努力の天才で、練習に打ち込む「継続する力」とヒットを打つための「集中力」は凄まじいものがあります。

 

そんなイチロー選手の「継続力」と「集中力」の鍵を握るのが実は瞑想なのです。

 

イチロー選手は自身では瞑想を公言していませんが、ヤンキースでチームメイトだったデレク・ジーター選手が「イチローのロッカーでの瞑想はルーチンワークだ」と暴露しています。

 

日本ではあまり知られていませんが、多くの超一流のアスリート選手は瞑想をしているのです。イチロー選手の他にも

 

【マイケル・ジョーダン】

 

【タイガー・ウッズ】

 

【ノバク・ジョコビッチ】

 

【クリスティアーノ・ロナウド】

 

など超一流選手ばかり。

 

実は、人気のスポーツの超トップアスリートは瞑想をしているという共通点があるのです。

 

今回は、イチロー選手も行う瞑想のパワーを紹介しようと思います。

 

イチローの継続力と集中力は瞑想の効果のおかげ!?誰でも簡単にできるマインドフルネス瞑想

f:id:blessman:20190822231006p:plain

 

ブレスマン
ブレスマン

こんにちはブレスマンです。イチロー選手引退しちゃいました、会見素敵でした。

 

イチロー選手の瞑想

 

プライベートをなかなか公開しないイチロー選手の瞑想については、ヤンキース時代のチームメイトのデレク・ジーター選手のイチローさんについてのコメントで暴露していました。

 

 彼は他の誰よりも球場に早く入ってきて、器具を使いながらストレッチなどで入念に体の手入れを行う。

 

 それが終わると自分のロッカーの前に腰をかけながら20〜30分間、目をつぶって瞑想にふけるんだ。

 

 そうしたルーチンワークが終わると、イチは完全にスイッチが入る。

赤坂8丁目発 スポーツ246:2年半の摩天楼生活で、イチローがヤンキースの面々に見せた“流儀” (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン

 

瞑想を毎日欠かさないルーチンワークにしています。

 

イチロー選手以外にも瞑想してる有名アスリート

 

先ほども紹介しましたが、イチロー選手以外にも瞑想をするアスリートは多く。

 

サッカーの長谷部選手や長友選手、テニスのジョコビッチ選手、伝説のバスケットボール選手であるマイケル・ジョーダンなど、世界の超一流のアスリートも瞑想を行っています。

f:id:blessman:20190322181128p:plain

 

 瞑想で得られるアスリートに嬉しい効果

 

超一流ほど瞑想しています。瞑想してるアスリートについては下の記事に詳しくまとめてあるので、よかったら是非見てみてください。

www.okinawameisou.com

 

本当に超一流アスリートは瞑想してますよ。

 

集中力が上がる

 

瞑想をするようになると集中力がアップします。

 

ある研究では毎日瞑想を数分間行うだけで、集中力が50%も上昇したという研究もあるそうです。

 

瞑想では基本的に呼吸に意識を集中します。

 

呼吸以外の事が頭に浮かんでもそっと呼吸に意識を戻す作業を淡々と行うので集中力がアップするのかもしれません。

 

イチロー選手のバッターボックスに立った時の驚異の集中力も、瞑想をルーチンワークに取り入れてる効果かもしれません。

 

冷静に物事を判断できるようになる

 

瞑想によって客観的に観る力が養われ、冷静に物事を判断できるようになるそうです。

 

僕も瞑想を毎日するようになって1年以上になりますが、瞑想のおかげで客観視できるようになった効果を実感しています。

 

数分でも毎日瞑想を行う事で、脳の前頭葉という部分が発達して決断力が上がると言われています。さらに記憶する力もアップするそうです。

 

ポジティブになってくる

 

瞑想を継続するとポジティブに考えるようになります。

 

瞑想を行うと「今」に意識を集中するようになります。

 

人間は普段色々と思考しますが過去の失敗や嫌な思い出、将来の不安などを考えている時間が多いようです。

 

瞑想によって「今」に意識を集中させる事で、ネガティブなことを考えなくなり、ポジティブに考えるようになるそうです。

 

身体の変化に気づく

 

瞑想を行うことで体の微妙な変化に気がつくようにもなってきます。

 

いつもと違う体の変化に敏感になり体調管理に役立てたり、自分の体のキレや疲れや癖なども知る事ができるようになります。

 

瞑想をすると、体のイメージと実際の身体動きが違うなどの問題の解消になりやすくなるそうです。

 

頭で身体の不調やスランプなどを解消しようとするのではなく、瞑想によって体に委ねる事ができるようになるそうで、心と体の一体感が生まれやすくなります。

f:id:blessman:20190322200745p:plain

 

協調性が高まりチームワークが深まる 

 

マイケル・ジョーダンを6度優勝に導いたシカゴブルズの監督であるフィル・ジャクソン。

 

フィル・ジャクソンは練習に瞑想を取り入れてるユニークな監督で、シカゴブルズの2度の3連覇も瞑想の効果もあると思います。

 

さらにフィル・ジャクソンは、ブルズの後のレイカーズでは3連覇と2連覇を達成しています。

 

その時に中心となったのがコービー・ブライアント。

 

コービーももちろん瞑想を熱心に行っていて、瞑想を動画で紹介しています。


Kobe Bryant & Phil Jackson | Meditation

 

瞑想を行うとエゴや自我が小さくなり、さらに自信も生まれ心に余裕が出てくるようになります。

 

心にゆとりが出てくるので、チームメイトにも優しく対応できるようになるそうです。

 

グーグル社で瞑想を社員のプログラムに取り入れているのも、協調性が生まれひとつのゴールに向かって皆で協力的になる効果を期待しているから。

 

スポーツでのチームワークにもきっと効果が期待できるはず。

 

簡単にできるマインドフルネス瞑想のやり方

f:id:blessman:20190820151144p:plain

 

マインドフルネス瞑想は初心者でもすぐに始めることができます。

 

ちなみに最近人気のマインドフルネス瞑想とは、瞑想の効果が実証され、誰でも簡単にでき瞑想できるようにアメリカで1970年代にジョン・カバット・ジン教授によって作られました。

 

マインドフルネス瞑想は呼吸に意識を集中するものでとてもシンプルです。

 

①まずは、リラックスできる場所で椅子やソファーに座ったり、地面の上にあぐらをかいて座ります。(座布団を敷くのをオススメします)初めは3〜5分くらいの時間のアラームセット。(なるべく優しく気づかせてくれるアラーム音に設定するのがオススメ)

 

②背筋を伸ばして、お腹はゆったりできる姿勢を作ります。姿勢はとても大事です、リラックスしつつ背筋を伸ばせる姿勢がコツです。

 

③呼吸に意識を集中します、意図的に深呼吸しようとしないで自然な呼吸を意識する。

 

④呼吸から意識がそれた事に気がついたら、そっと呼吸に意識を戻す。

 

とてもシンプルですが、やってみると時間が長く感じたりなかなか呼吸に意識を集中できないなど、意外な点に気がつくかもしれません。

 

YouTubeには瞑想のやり方を紹介してくれる動画がたくさんあります。

 

中でもメンタリストDaiGoさんが教えてくれる動画がシンプルでわかりやすいので、そちらを見て瞑想を始めるのをお勧めします。

 

4分ほどの動画なのでとても見やすいです。


メンタリストDaiGoの「脳を鍛える マインドフルネス瞑想のコツ」①入門編

 

www.okinawameisou.com

 

まとめ  実際に2年毎日瞑想してみて

f:id:blessman:20190922173419p:plain

 

瞑想の効果は近年の実験でいろいろと実証されいますが、継続して行う事が大切。

 

少しの時間でもいいので毎日継続してみてください。

 

呼吸から意識がそれた自分に気付き、再び呼吸に意識を戻すその瞬間に瞑想は鍛えられるそうなので、初心者にとても効果が現れやすいと言われています。

 

僕も瞑想を2年間毎日継続していますが、自分でも驚く変化として『前向きになったこと』『行動的になった』ことを実感しています。

 

アスリートは前向きに練習に励むことがとても大切、いいイメージで努力すると絶対に練習が本番で生きてきます。

 

また、瞑想を継続して精神的に動じなくなりました、大舞台の緊張感を楽しめるようになってこそ一流アスリート、瞑想はホントにスポーツ選手にオススメです!

 

是非瞑想をトレーニングに取り入れてみてください。無料で始められますよ!

 

長くなりましたが最後まで読んでいただき、有難うございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました