【ダイエット】ヨガ・瞑想×腸活で心と身体のデトックスを日常生活に!!

ヨガ・入門・実践記

【ダイエット】ヨガ・瞑想×腸活で心と身体のデトックスを日常生活に!!

 

お家や部屋を綺麗で落ち着いた空間にしたい時、部屋が汚れていたり物で溢れかえっていたりすると、

 

せっかく買った効果な家具や最新の電子機器などもおく場所がなく、意味をなさないようになってしまいます。

 

部屋を綺麗で落ち着いた場所にしたいなら、要らない物を処分して掃除から始めるほうが良いように、

 

身体や頭を綺麗にスッキリしたいたら身体の毒素を処分する事から始めると効率よく綺麗にスッキリします。

 

身体が汚れていると、どんなに高価で効果の期待できるサプリメントやジムで鍛えても身体が錆びやすくなってしまうので、効率が悪くなってしまいます。

 

心身ともに綺麗になりたいのであれば「瞑想」×「腸活」でまずは身体の毒素を取り除く事をお勧めします。

 

 私たちの日常生活の中に色々な毒素が潜んでいる!!

f:id:blessman:20190815163143p:plain

 

普通に日常生活をしていても、私たちの身体は毒素を溜め込んでしまいます。

 

食事に含まれる添加物や大型魚に含まれる水銀、野菜にも少なからず身体に悪いとされる毒素は含まれていて、

 

環境の中にも排気ガスなど空気中に含まれる毒素があり、生活をしていると身体に蓄積されるようになります。

 

慢性的なストレスは精神的な毒素になってしまう

 

慢性的なストレスは言い換えると精神的な毒素になってしまいます。

 

ストレスが過度に溜まってしまうと交感神経が優位になってしまいます。

 

交感神経が優位になってしまうと、緊張が続き疲労回復がうまくできなくなってしまったり、栄養がうまく取り入れられなくなったり、やる気がなかなか起きなくなってしまったりしてしまいます。

 

慢性的なストレスは物理的に私たちの体にも悪影響を及ぼし、内臓の病気に繋がったり、脳もストレスにより物理的に変化してしまうようです。

 

人体は便や汗、爪や毛から毒素を排出している

 

私たちの身体は毒素をうまく排出するようにできていて、ほとんどは便から排出されていますが、毛や爪、汗からも毒素を排出しています。

 

ほとんどが便から排出されていますが、汗からしか排出できない毒素もあるそうで定期的に汗をかく事も必要なようです。

 

副交感神経が身体を休めてくれる

 

リラックスして副交感神経が優位になると、血流が流れが良くなったり腸の蠕動運動が活発になり疲労を回復させてくれたり、栄養の吸収を活発に行うようになります。

 

さらに睡眠中には脳のグリア細胞という細胞が縮み、その隙間から老廃物を除去してくれているという事が近年明らかになっています。

 

このように、私たち身体に溜まった毒素を取り除き、疲労を回復させてくれるシステムがあるのです。

f:id:blessman:20190322231424p:plain

 

バランスの悪い食事×ストレスフルな生活でデトックス不能に

 

私たちの身体に溜まった毒素は自然と排出されるようになっていますが、栄養のバランスの悪い食事や運動不足、ストレスの蓄積が慢性的になってくると、なかなかデトックスできない身体になってしまいます。

 

それは身体のデトックス機能で対処できる以上の毒が身体に入ってくるという事なので、排除できない毒はどんどんと身体に蓄積されます。

 

毒が蓄積するとやる気が起きなくなったり身体に不調が出始めます。

 

さらにストレスがたまると、そのストレスを解消するべく甘くて濃厚な食べ物を食べたり、どんなに寝ても疲れがとれにくくなったりという悪循環にもなります。

 

www.okinawameisou.com

 

ヨガ・瞑想デトックスのメリット

 

身体にあまり負担をかけない!! 

 

ヨガはストレッチ×深呼吸という動作なので、身体に過度に負担をかけません。

 

慣れない運動をして、膝を痛めたりといった事もなく安心して始める事ができます。さらに激しい運動ではないので、身体を錆びやすくする活性酸素が生まれにくいというメリットもあります。

 

老廃物が排出されやすくなる 

 

ヨガをすることによって血行やリンパの流れが良くなり、老廃物をうまく除去する事ができるようになります。

 

酸素を効率よく細胞に届けるようになる

 

ヨガ・瞑想をすることにより呼吸が深くゆっくりになると、酸素が効率よく細胞に届くようになります。

 

逆に、悪い姿勢や慢性的なストレスにより浅い呼吸になってしまうと、酸素が細胞にうまく運ばれなくなり細胞で作られるエネルギーが不足したり、老廃物がうまく排除できなくなってしまいます。

 

細胞に届かなかった酸素が多くなると、活性酸素なり身体を錆びやすくしてしまうというネガティブな点もあります。

f:id:blessman:20190316131545p:plain

 

瞑想はストレス解消に効果的

 

グーグルやアップル、ナイキなどの巨大企業が瞑想を社員にすすめ、社内に瞑想ルームを建設するなどして瞑想を会社に取り入れる理由にストレス解消に効果的という点が挙げられます。

 

慢性的なストレスが溜まってしまうと過食に走ってしまったり、交感神経が優位になり疲れが取れにくくなってしまうので、瞑想を毎日行いストレスを解消することをお勧めします。

 

もちろん、瞑想でストレスを解消しても根本的なストレスの改善にはならないので、瞑想で自分を見つめて、ストレスの存在を確かめるのもいいと思います。

 

www.okinawameisou.com

 

腸活デトックスのメリット

 

腸内細菌が毒素を分解してくれる

 

身体の毒素のほとんどは便により排出されます。腸内環境を良くすることで、腸内細菌が毒素を分解してくれるようになります。

 

さらに腸内細菌のバランスが良いと食事を上手に分解してくれるので、食べたものが効率よく栄養になるというメリットあります。

 

痩せ菌が増えて痩せやすくなる!?

 

痩せている人の腸内ではビフィズス菌やバクテロイデス菌が多いと言われています。

 

腸内環境を良くすると、個人差もありますがビフィズス菌やバクテロイデス菌が増えて痩せやすい身体にもなると言われています。

 

www.okinawameisou.com

 

セロトニンが増えて幸を感じやすくなる

 

今まで脳で作られていると考えられていた幸せホルモンが実は腸内で多く作られているようです。

 

腸内環境を良くすると幸せホルモンのセロトニンが増えて幸せを感じやすくなるそうです。

 

またドーパミンも腸内で作られるので、やる気や活力も腸活を行い腸内環境を良くすることで活発になりやすくなるようです。

f:id:blessman:20190305112220p:plain

 

簡単に始められる腸活

 

腸活は簡単に、しかもお金をかけずに始める事ができます。

 

腸活では腸や腸内細菌に嬉しい食生活を取り入れるだけで簡単に始める事ができます。

 

腸を綺麗にするには2つの事に気をつけたほうが良いようです。

 

それは腸を適度に動かすという事と、腸のバランスが良くなる食事を気をつけるという事。

 

腸活その①腸内細菌のバランスの良くなる食事を心掛ける

 

身体にいい食事を取り入れる前に、腸に優しい食事から始めませんか。

 

腸内環境を整える食生活とは、腸内細菌の特に善玉菌の餌となる食事という事!!善玉菌に好まれる食事として。

 

・食物繊維の多く含まれる野菜類

 

・ヨーグルト、キムチ、納豆などの発酵食品

 

食物繊維や発酵食品は腸の善玉菌の栄養になるので、腸内の環境が全体的に良くなります。栄養の吸収や毒素の分解などのも促進してくれます。

 

腸活その②キレートフードで毒を無毒化する

 

キレートフードとは食品添加物などから取りれた有害物質を無毒化してくれる食べ物を指します。

 

キレートフードとして日本に定着してきている食べ物はパクチーです。パクチーは抗酸化作用や消化促進にも効果的なので、風味に問題のない人は積極的に取り入れる事をお勧めします。

 

パクチーの他には玉ねぎやネギ、ニンニクなどもキレート効果が高い商品です。腸のコントロールについて書いた過去の記事も良かったら合わせて見てみてください。

www.okinawameisou.com

 

腸活その③空腹時間を長くする 朝食はエジソンが開発した?

 

食べたものを消化するには膨大なエネルギーが必要になります。運動をあまりしないに食事を摂りすぎると、消化の為にエネルギーが必要になるという悪循環になってしまいます。

 

さらには、朝食という文化はエジソンが開発したというのはご存知でしょうか?

 

エジソンの会社が作ったトースターを売り出すために、エジソンは頭を使いマーケティンとして朝食という文化を作ったようです。

 

以前の日本人は朝食を食べない文化だったようです。

 

断食までする必要はなくても、空腹時間を長くしてプチ断食をするほうが良いようです。

 

ちなみに僕は14時に昼食をとり20時までに夕食を摂るようにしていて、その時間以外には食事を取らないように心がけています。

f:id:blessman:20190208174536p:plain

 

腸活その④腸を動かす

 

腹式呼吸や腸をねじるヨガや運動などで腸を動かすと、腸の活動が促進されて活発に活動するそうです。

 

腸か働くようになると、食べたものを運ぶ蠕動運動が活発になり便秘になりにくくなります。

 

腸の運動が鈍くなり、食べたものが腸にとどまってしまうと腸内環境も悪化する原因にもなるようです。

 

食事で腸内の善玉菌を優位にして、瞑想×ヨガで腸をほぐす

 

食事で腸内細菌のバランスを整えて、瞑想×ヨガで腸をほぐす腸活を組み合わせる事で綺麗で活発な腸になります。

 

ヨガではお腹をねじるポーズがたくさんあり、瞑想で行う腹式呼吸では下腹部で腸を刺激します。

 

食事の内容を腸に優しい内容に変更して、瞑想×ヨガで腸をほぐすことで腸内の便の流れをよくし、体内に毒素がたまりにくい腸にする事ができます。

 

まとめ 腸と脳はつながっている

 

腸と脳は瞑想神経で直接つながっているという事が近年明らかになりました。

 

不安や恐怖などのストレスがたまると腸内の環境が悪くなりやすくなり、逆に腸内の環境が悪くなると頭がぼんやりとしてしまうようです。

 

綺麗な腸にする事で、頭もスッキリとクリアになります。

 

一見身体に害のないものも、実は腸を荒らして悪玉菌を優位にしてしまう食事があります。

 

まずは腸内細菌に優しい環境を作り、その後にダイエットや健康に良いとされる食事や運動を取りれる事をお勧めします。

 

腸内環境に良い食べ物や方法、ヨガや瞑想はあまりお金をかけずに始める事ができます。

 

ダイエットの前にヨガ・瞑想×腸活でデトックス!!でダイエットの効率をアップさせましょう!!

 

www.okinawameisou.com

 

また、最近は食事中は食事に意識を集中させるという『マインドフルネスダイエット』も流行しています。

 

マインドフルネスダイエットについての記事もあるので、よかったら合わせて見てみてください。

 

www.okinawameisou.com


コメント

タイトルとURLをコピーしました