【高城剛】2019年最新刊!!『GREEN RUSH』

マインドフルネス雑記

 

僕が瞑想を始めるきっかけとなった『瞑想男子』ハイパーメディアクリエイターの高城剛さん。

 

2019年5月26日に最新の著書『GREEN RUSH』が出版されました。

 

2018年に出版された『大麻ビジネス最前線』の内容をさらにアップロードして、デザインを可愛く、

 

そしてカッコイイ写真やイラストを多く使い、雑誌のように読みやすくまとめられた本に仕上がってます。

 

仮想通貨バブルの後はすでに大麻ビジネスに移り変わってる感覚をうけました。

 

今回は高城剛さんの最新著書『GREEN RUSH』をPUSHしてみます!

 

【高城剛】2019年最新刊!!『GREEN RUSH』

f:id:blessman:20190530202724p:plain

 

ブレスマン
ブレスマン

さすが高城剛さんって感じの本に仕上がってます。かっこいい!!すんません今回は瞑想関係なしです(涙)

 

GREEN RUSH 目次

 

1.URUGUAY

 

2.U.S

 

3.ISRAEL

 

4.CANADA

 

5.JAPAN

 

6.AUSTRALIA

 

7.日本で購入できるCBDオイルカタログ

 

世界中は大麻解禁に沸いている!!

f:id:blessman:20190530213428p:plain

 

南米ではウルグアイが嗜好用も含め大麻解禁にのろしをあげました。

 

先進国ではカナダが2018年に大麻を解禁しています。連邦政府は認めていませんが、州単位で続々とアメリカも大麻を解禁し始めています。

 

近いうちにWHO(国際保健機構)も大麻に対して評価を変える事も考えられます。

 

ビジネスマンはすでに投資の対象として大麻ビジネスに参入しているよで株価は高騰中!

 

ピーターティールも大麻ビジネスに出資

 

テスラ・モーターズやスペースエックスで有名のイーロン・マスクも含めペイパルマフィアと呼ばれて、IT業界で名を馳せているピーターティール。そのピーターティールも巨額の投資を大麻ビジネスにあてているよです。

 

ピーターティールは政治でトランプ支持に回り世間から批判されていましたが、政治の中枢にうまく入り込み、大麻に批判的だったトランプをうまく大麻合法に誘導し連邦政府も大麻解禁に近づけるかもしれません。

 

ピーター・ティールの記事をあるのでよかったら見てみてください!!

 

www.okinawameisou.com

 

世界中の大麻関連の人々を直に取材した一冊!!

f:id:blessman:20190530213451p:plain

 

高城剛さんが直に大麻関連で働いてる方々に取材して、写真もとってまとめた渾身の一冊です。

 

大麻と聞くと、ブリンブリンのラリった人々を思い浮かべてヒップホップを聞きたくなりますが『GREEN RUSH』は大麻に未来をかけた人々を取材しています。

 

この植物は本当に世界の価値観を一転させる産業を作り上げるかもしれません。

 

もちろん懸念材料も!!

 

アメリカでもいち早く嗜好品も解禁なコロラドでは「雇用の増加」「税収のアップ」「アルコールやタバコ消費の減少」と嬉しい変化もありますが大麻関連の交通違反は増えています。

 

大麻解禁の大きな課題は大麻使用時の運転、大麻はアルコールのように検知するのは難しいのが課題になりますね!!

 

綺麗な写真、図解入りで分かりやすい!!

f:id:blessman:20190530213545p:plain

 

近年、写真を撮りまくり自身の写真を本や雑誌に利用するようで『GREEN RUSH』でも高城さんの撮影した綺麗な写真がたっぷり使用されています。

 

また、超分かりやすくお洒落な図解入りで前作の『大麻ビジネス最前線』以上に大麻について、大麻ビジネスの動向もわかりやすくなってます。

 

データ的に重たいですが、グリーンを基調としたデザインでかっこいいです。

 

日本はこの植物でも『ガラパゴス??』

 

しっかり日本人も取材しています。世界中で大麻関連の人々を取材していたら古在先生の名が挙がったとか。

 

古在先生とは千葉大学の名誉教授。その古在先生の植物工場技術が世界各地の大麻農場で活用されているようです。

 

 今、世界の植物工場の技術は言ってみれば幼稚園のレベルで、日本が頭ひとつ、抜け出した状態です。しかし、相当くないうちに、AIをどう活用するかといった段階になたら、日本を含め横一線に並ぶでしょう。あと3年もしたら、今、先頭を走っている日本の植物工場の技術は世界で逆転されてしまうでしょうね。

 

と懸念の言葉を語っていました。

 

まとめ これからも目が離せないが「ダメ絶対!!」

 

僕が瞑想を始めるきっかけとなった人物の高城剛さん。高城剛さんは瞑想のベテランで『SOUL RESET』という瞑想の本も出版。その記事もあるのでよかったら是非!

 

www.okinawameisou.com

 

世界を旅しながら最前線の仕事をする高城さん『GREEN RUSH』の巻末でこう語っています。

 

前作「大麻ビジネス最前線」を書き上げてから、わずか一年でここまで大きく変化し、成長した産業を僕は見たことがない。

大麻に有用な人間の遺伝子が発見され、ついに「飛ぶ」が科学で解明されつつあり、今後、エビデンス・ベースによって、人体の影響と可能性が、もっと判明するだろう。

おそらくだが、ふじの病の可決方法も、ここに眠っているのかもしれない。もしかしたら、不老長寿の秘密さえも。

この金脈は、まだまだ深掘りすることができそうで、実に楽しみである。

 


高城剛 GREEN RUSH

 

しかし、大麻の本を出版するのは簡単ではなかったそうです。

 

AIや5Gも駆使すして今後大麻の産業は発展すると思います。日本はどういう対応をするのか??

 

高城剛さんの最新作『GREEN RUSH』最高でした。これから本当に大麻業界から目が離せませんね!!今作はおそらくKindle版でのみの出版だと思います。

瞑想のブログを書いて、大麻の記事も書いてますが僕はもちろんブリンブリンになるものは一切使用してません!!健康第一です。

 

新作の『GREEN RUSH』をはじめ、前作の『大麻ビジネス最前線』など、高城剛さんの本はKindleの読み放題サービスにいろいろと含まれています。

 

月額980円で読み放題なので、一度お試ししても良いと思います。

 

1ヶ月無料体験もできるので、気になる方はぜひ!!

https://okinawameisou.com/entry/2019/10/01/230136

コメント

タイトルとURLをコピーしました